ピペットの操作方法 – ベストプラクティス

ピペットの操作方法 - 10のヒント

不正確なピペッティング結果にイライラしていませんか?下記のヒントでお客様の結果をすぐに改善します!

  • ピペット、チップおよび液体が室温であることを確認します(プロトコルが許す場合)
  • 傾きが20°を超えない一定した角度でピペットを保持します
  • プリウェットのために、公称容量を3回分注します
  • 公称容量範囲内をピペッティングします(エアディスプレースメントピペットの名目容量の35%~100%の範囲を目安にします)
  • 液体表面直下(2~3 mm)を目安にチップを浸漬して吸引します
  • 各分注後にタッチオフします
  • 等量分注の場合、最初と最後の分注液を廃棄します
  • 粘性のある液体は「リバースピペット」モードで低速ピペッティングします
  • 揮発性液体は「リバースピペット」モードで迅速にピペッティングします
  • 液体の密度が水と著しく異なる場合は、その溶液でピペットを再キャリブレーションしてください
     

ご希望の場合は、ここをクリックしポスターをダウンロードして下さい

Poster about pipetting best practices

はじめる前に留意すること

1. 温度を室温に合わせる

実験の⼿順から許容できない場合は別として、ピペット、チップおよび溶液の温度を室温に合わせる必要があります。

注記:温度が均⼀でない場合、チップ内の空気やピペットのシリンダー部の空気の体積が収縮または膨張し、溶液の吸引・吐出容量の正確さと精度に悪影響を及ぼす可能性があります。

temperature

正しいピペットの操作

2. ピペットを持つ⾓度を⼀定に維持する

可能な限りピペッティング動作の始めから終わりまで、⼀定の⾓度でピペットを保持してください。⾓度は垂直に対し20度を超えてはいけません。

注記:⾓度を変えるとチップ内空間の静⽔圧が変化し、結果として吸引量が安定しないことになります。

single channel pipette hold straight and at an angle of 20 degrees

3. 正しい吸引の仕⽅

ピペットチップを深く浸さず、液体表⾯から2〜3mmの深さで⽬的の容積を吸引すると、最もよい結果が得られます。

注記:ピペットチップを深く浸しすぎると、チップの外側に余分に付着した溶液が不正確な分注をもたらす可能性があります。

pipette tip immersed just below the liquid's surface in a well

4. 吐出の後にチップのタッチオフを⾏う

吐出後、以下の3つの⽅法のいずれかを⾏います。

容器内側⾯にチップ先端をタッチ
容器の内側壁⾯に沿ってチップを上⽅向にスライドさせながら吐出動作を完了し、完了した時点でチップを壁⾯から離します。⼀般的に最も推奨できる⽅法です。

液⾯表⾯にタッチオフ
吐出操作後チップ先端に残った液滴を、溶液表⾯に軽く触れることで移液を完了する操作です。特に1μL以下の容量を単純分注するときに推奨されます。液滴を液体に接触させることにより残液がチップから引き出され、正確な分注を⾏う事が出来ます。

容液中に吐出する
液体中に直接吐出する⽅法で、ウェットディスペンスとも呼ばれ、特別なタッチオフ操作は必要ありません。⼩容量の溶液の分注に⼤変良い⽅法です。ただしピペッティングモードにより溶液中に気泡を取り込むことがあり、注意が必要です。

注記:吐出後、ピペットチップの先端に液体が付着残留することがあります。上記の⼿法はこのような液体の残留を防⽌するか、少なくするのに効果があります。

pipette tip performing a side wall touch off, a surface touch off and an into liquid dispense

ピペット性能の最適化

5. プリウェット (Pre-Wet)

チップをピペットに装着後、公称容積を3回吸引・吐出します。これにより、チップ内⾯が濡れ、溶液とチップの温度の均⼀化とピペットとチップ内部の空間の蒸気圧の均質化が図られます。

注記:プリウェット⼿順を省略すると、最初の分注は蒸発による体積の減少があります。溶液の蒸気圧が⾼い場合、溶液が蒸気によりチップ先端から押し出され、液滴を形成したり漏液を起こすことがあります。

empty pipette tip and pipette tip with liquid inside

6. 最適容量範囲のピペットの選択

⼀般的に使⽤される空気置換型ピペットは、公称容積の35%から100%の間で最⾼の性能を⽰すと⾔われます。

注記:最適な容積範囲内のピペットを選択することにより、ユーザーの熟練度に起因する容量誤差の影響を低減できます。

pipette tip with liquid inside

7. 最初と最後のディスペンスを捨てる

連続分注を⾏うとき、最初と最後の分注液を使⽤しないことをお勧めします。

注記:最初と最後のディスペンスは多くの容量誤差を含むため、アッセイに使⽤すべきではありません。最後のディスペンスには、それ以前のすべてのディスペンスの累積誤差が含まれるため、破棄することが特に重要です。

8. ⾼い粘性の液体のピペット操作

⾼い粘性のサンプル溶液はより遅い速度で吸引・吐出すること、さらに”リ バースピペッティング” モードで分注すると効果があります。

注記:ピペットチップの先端の⼝径が⼩さいため、⾼い粘性の液体を速いスピードで処理 するのは困難です。また⾼粘性液体はチップの内⾯に粘着する傾向があり、完全な 吐出も困難です。⽬的容量より多く吸引し正確な容量を吐出する”リバースピペッ ティング” はこのような誤差を補正します。

9. 揮発性液体のピペッティング

揮発性サンプル溶液は、プリウェッティングによりピペットとチップ の空間の蒸気圧の均⼀化を⾏い、”リバースピペッティング” モードで素 早く分注します。

注記:この⽅法により蒸発による影響を抑える事が出来ます。より多く吸引し⽬的とする 容量を吐出する”リバースピペッティング” により誤差を最⼩化できます。

10. 液体密度に基づいてキャリブレーションする

⽔溶液以外の液体を使⽤する場合、ピペッティング容量誤差が発⽣する可能性があります。液体が⽔よりもかなり密度が⾼い場合はピペットを再校正してください。

注記:ピペットは⼯場では通常室温近傍で蒸留⽔を使⽤し検査および校正されます。⼤幅に密度が異なる液体をピペッティングするとき、不正確な分注が⾏われる可能性があります。

pipette tip with liquid inside