培地調製

培地調製

培地の滅菌と分注

培地の調製時には多く要素を考慮する必要があります。感受性成分が損傷を受けないよう、培地は滅菌状態で慎重に調製しなければなりません。特に、熱の影響を受けやすい培地は、長時間高温に暴露してはなりません。寒天培地を含む培地は、事前に膨潤させてから、短時間のうちに熱で完全に溶解・滅菌する必要があります。次に行う滅菌状態でのシャーレへの分注工程は、多くの場合面倒で時間がかかります。また、寒天平板培地の品質については多くのことが求められます。ゲル層は平らで、表面がスムーズで、3 mm以上の厚さがなければなりません。

当社の装置は、培養培地の調製やシャーレへの分注を素早く確実に行える、高品質の総合的なソリューションを提供しています。

  • MEDIACLAVE:この培地調製装置は、単一の容器内で穏やかかつ速やかに培地の調製を行います。滅菌工程全体を通して温度、時間、圧力が監視され、再現可能な高品質の培養培地の調製を文書化することができます。
  • MEDIAJET:各メーカーのさまざまなサイズのシャーレに対応した自動シャーレ分注装置です。UVランプが効果的な殺菌用UV-C放射を行います。MEDIAJETをMEDIACLAVE培地調製装置に直接接続したり、オプションの拡張機能を使用して試験管に自動分注したりすることもできます。