細胞生物学

AMPure XP by Beckman Coulter for PCR Purification

細胞生物学

細胞培養から細胞ベースアッセイまで

細胞生物学は、大容量の2D細胞培養処理から少容量の3D細胞培養技術までの多種多様なピペッティングアプリケーションを包含する大きな分野です。細胞ベースのスクリーニングは、創薬において重要な役割を果たし、その成功は正確なピペッティング処理に依存します。INTEGRAは、これらのワークフローを支援する幅広い製品を提供しています。INTEGRAの吸引システムは生物学的廃棄物の安全な除去に理想的であり、1~100 mlの範囲で容量をコントロールできるピペットコントローラーと、より少容量の1~1250 µlの範囲でコントロールできる電動ピペットを使用することにより、効率的かつ正確なピペッティングを実現することができます。スループットをさらに向上させるアプリケーションにおいては、96/384チャネルのハンドヘルド電動ピペットを使用して24~384サンプルを一括分注できます。また、ピペッティングロボットを使用すれば、ワークフローの自動化が可能となります。