サンプルの抽出および精製

AMPure XP by Beckman Coulter for PCR Purification

サンプルの抽出および精製

核酸からタンパク質抽出および精製まで

抽出と精製は、診断および創薬のワークフローで重要なステップであり、その結果はリキッドハンドリングツールに左右されるため、プロセスの再現とスループットの向上を確保できる高度なリキッドハンドリングツールが必要となります。固相抽出(SPE)や磁気ビーズ法などの汎用的な方法は、INTEGRAのピペッティングソリューションで簡単に合理化できます。INTEGRAのピペッティングロボットは、INTEGRAの各種電動ピペットと組み合わせて利用でき、変化するニーズに応じて実験的なプロトコルを適応させる、柔軟性を備えた自動化ソリューションを提供します。ハイスループットを求める場合、96/384チャネルハンドヘルド電動ピペットを利用することで、一度に最大384のサンプルを処理できます。