ASSIST PLUSピペッティングロボットで5つのアプリケーションを自動化

· 製品ニュース

ASSIST PLUSピペッティングロボットで5つのアプリケーションを自動化

コンパクトなASSIST PLUSシステムは、INTEGRAマルチチャンネル電動ピペットを使用して、手頃な価格でラボを自動化し、手作業による繰り返しのピペッティング作業や人的エラーを排除すると同時に、ハンズフリー、ハイスループット、および再現性高い処理を提供します。INTEGRAマルチチャンネル電動ピペット(VOYAGERチップ間隔可変ピペットを含む)をASSIST PLUSピペットホルダーに取り付け、チップラック、各種容器、およびピペッティングプロトコルを選択してRUNを押すだけです。ASSIST PLUSは自動的にピペッティング作業を実行し、使用者はその場を離れ解放されます。

ASSIST PLUSピペッティングロボットは、専任の担当者や複雑なプログラミングを必要とせずに、非常に優れた柔軟性を提供するように設計されており、以下のさまざまなアプリケーションを自動化します。

  • PCRセットアップ: 少量の正確なピペッティングはPCRにおける毎日の課題です。多くの場合、サンプルはチューブからプレートに移す必要があります。これは、ASSIST PLUSとVOYAGERチップ間隔可変電動ピペットを併用することで高速化できるプロセスです。複雑なピペッティングパターンでも、直感的なVIALABソフトウェアで容易に自動化することができます。
  • 次世代シーケンシング:ライブラリー調製プロセスは、磁性ビーズを用いた精製工程の繰り返しを含む作業です。ASSIST PLUSワークデッキには、プレート、さまざまなチューブラック、INTEGRAリザーバーを含む3種類の実験容器を収納できます。標準的なマイクロプレートフォーマットの磁気スタンドを機器に組み込むことで、非常に繰り返しの多い精製プロセスの自動化を可能にします。また、デッドボリュームが非常に少ないため、試薬の無駄を最小限に抑え、コスト削減が可能であるマルチチャンネルリザーバーにより、既存のリザーバーを補完することもできます。
  • 細胞培養:滅菌作業環境は細胞培養アプリケーションに不可欠であり、コンパクトなASSIST PLUSはあらゆるバイオセーフティキャビネットに適合します。VOYAGERピペットと組み合わせることで、細胞の剪断を避けるため非常に低速で安定したピペッティング速度を使用して12~384ウェルの細胞培養プレートを調製することができ、3D細胞培養用のスフェロイドの播種を確実に行うことができます。
  • 連続希釈: 連続希釈液の正確なピペッティングは、正確な細胞生存アッセイおよび薬物感受性アッセイの前提条件です。ASSIST PLUSは、個々のカラム間のチップ交換が必要な連続希釈の場合も自動化を容易に実現します。
  • ELISA法:ELISA法における反復的な試薬の添加および除去は時間のかかるプロセスです。ASSIST PLUSでこのプロセスを自動化すると、作業者の時間が節約され、結果の再現性が向上します。
ASSIST PLUS pipetting robot performing serial dilutions using a VIAFLO electronic multichannel pipette.

ご質問は有りませんか?喜んでお答します。

  • Stephanie Stursberg

    Product Manager

    メール